ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

喜びと悲しみのシルビアターボC マーチ85G

星野マーチ85
 日本人初の4輪世界選手権優勝者星野一義
 世界耐久選手権WEC japanは、F1が開催されていなかった当時唯一の世界と日本を結ぶ4輪レースだった。ル・マンで活躍するマシン&ドライバーvs日本メーカー・マシン&日本人ドライバーの対決構図は、ファンにとっては年最大の楽しみでもあった。まだ学生で小遣いも少なかったが、夏の8耐秋のWEC japanのためにせっせと貯金して観戦に出かけた。
 '85年のWEC japanは豪雨のために周回数が減らされた。世界選手権を転戦するチームは早々とピットに戻ってリタイア高いチケット代を払っているのに国内耐久と同じ内容になってしまった。いや、周回数が少ない分、割高である。もう不満ブーブー。雨もひどいし「そりゃないよ」という感じだ。
 リタイアする外国勢を尻目にシルビアニチラターボC・マーチ85Gを駆る星野選手は大雨の中を飛ばしに飛ばしまくっていた。「ポルシェやジャガーの外国勢がリタイアしなくても追いつけなかっただろう」と言わざるを得ないほど。あれだけ路面に水が流れている状態で走る事はかなりテクニックと集中力が必要だっただろう。さすがは日本一速い男!
 本来は3人体制なのだがレースがスプリント化したため、たった一人で走りきった。後に「交代するはずだったが急に作戦を変えられ怒った」と語っている。しかし見ている側はピットインしたのに交代せずに再スタートしたので「うぉッ星野行ったよ!」と驚いていたのだった。

 コンビニ限定トミカの「星野一義ヒストリーコレクション」6種内の1台。これは以前に発売されていた長谷見選手のトミカリミテッドGr.Cボックス2台組みのスカイラインターボCを流用したもの。名称は異なるが車体は同じなのでOK。星野ファンにとっては必要な1台だ。最初に購入した3個の中に入っていたのは嬉しかった。
 ライト部は黒塗装。ワイパーも印刷。インテーク部分も黒にせずボディと同色で手の抜きどころがトミカらしい作りである。フロントインテーク下部分はウイングらしく“仰角”が付いている。リアウイングも富士仕様のためフラットになっているところは良い。他のサーキット仕様では意味が無いのだから。

 日本人、しかも星野選手が世界選手権優勝の喜びと外国勢総リタイアと周回数減少の悲しみ―。入り交ざった複雑な気持ちを思い出させてくれるマシンだ。
星野マーチ85実車
シルビアの名を冠しているが車体はマーチ社製。エンジンのみニッサン製
ニチラ(日本ラヂエーター)は後のカルソニック
トミカ | 投稿者 ドルフィン 21:22 | コメント(2)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
ああ、思い出した。
そうだった。歴史の証人の一人だからね、私も。

 雨中のレースで、10周のローリングの後、欧州勢は全車ピットインしてレースを終えたのに、星野の激走は、印象深い思い出だね。

 翌年の日産の広告のディフェンディングチャンピオンという文字も覚えている。
 いまだルマンを制することはかなわない日産だけど、世界に挑むという気持ちは感じたねえ。

 いつか世界での思いは徐々に形になりつつあるよねきっと。
投稿者 appiy 2007/02/10 14:35
デイトナは制したのにね。
この時のメンバーにもホッチがいたのだから凄いドライバーです。
投稿者 ドルフィン 2007/02/10 19:33
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 2月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]