ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

翼端版のネジをもらった シェクターのウルフWR1

手持ちミニカーで'77年F1日本GP ④

10位ジョディ・シェクター:ウルフWR1/フォード
ウルフWR1
 スーパーカーの“ウルフ・カウンタック”で有名なカナダの石油王、ウォルター・ウルフが超弱小チームだったウイリアムズを買収して立ち上げた新チーム「ウォルター・ウルフ・レーシング」。
 '77年の開幕戦でデビューレース→初優勝。シーズン3勝の快挙を成した。

 イチョウの葉のように後部になるにつれて幅広になり、横から見ると直線的なウエッヂ状のスタイル。サイドポンツーン前方に突起する“カナード”。リアウイングの翼端板にパイプを取り付けてボディにマウント―。表面だけでも斬新なデザインをしている。

 ドライバーは後にワールドチャンピオンとなるJ・シェクター選手。前年のF1inJAPANで「(周回遅れになる時)抜かれて欲しい側の手を上げろ」と、星野一義選手を侮辱する暴言を吐いた事でも有名だ。奮起した星野選手はシェクター選手を抜いて一時3番手に浮上するのだった。
 '77年の日本GPではKE009を駆る星野選手の一つ前の10位フィニッシュ。

 ウルフWR1に関しては残念ながらマトモに撮れていた写真が1枚も残っていない
 しかしながらレース後のパドックで、マシン解体中のメカニックからリアウイング翼端板をとめるネジ&ナットをもらい感激した。
ウルフ・ネジ
ウルフWR1のウイング翼端板を止めるネジ&ナット

 媒体誌によって車名が「WR1」だったり「WR3」だったりする。未だに正式なところが分からない。単なるシャシーNoの差だろうか?

 初めて購入したミニチャンプスのミニカー。
 ミニカーを集め始めた頃で、当時は4,000円前後する価格はもの凄く高い買い物だった。しかし、購入の決め手は「日本GP仕様車」だった事。あの日のマシンがミニカーになっているのだから購入せずにはいられない。ましてやもらったネジ(跡)も再現されているのだから。

 日本GP仕様ではスポットスポンサーのタミヤ模型のマークが入っている事と優勝マークが3つ描かれている事だ。
 フロント・サスのスプリングが銀色に、リア・サスが金色に塗られている細かさ。ステアリングのスポークも色塗りされている。

 ミニカーはもちろんネジ達を一緒に飾っている。
 (上の写真はウォウルター・ウルフデザインのタオルと)


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
ミニチャンプス | 投稿者 ドルフィン 16:14 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
こんばんは。

媒体誌によって車名が「WR1」だったり「WR3」だったりする。未だに正式なところが分からない。単なるシャシーNoの差だろうか?

その通りです。ウルフは、シャシーNo.イコール
車名なのです。おぼろげな記憶ですいませんが、
いわゆる「WR-1」は、4台製作されたはずです。
ワタクシ的には、チャップマンが「悪くない。
(ロータス)78と同じぐらいいいよ」と評していた、WR-5のモデル化を激しく希望します。
画用紙を切って貼ったような、極端なデザインに
痺れっぱなしなのです。
投稿者 chihiroイグレシアス 2010/11/01 21:27
chihiroイグレシアスさん、ありがとうございます。
長年の疑問が解決できました!!
それで次のマシンがいきなり「5」に飛んでいるんですね。

“ウイングカー”構造に初めて気付いて採用したのがWR5。でも透視図を見ると底部が途中で途切れているですよね。
見た目がゴッツくて重そうなWR5もモデル化して欲しいです。
投稿者 ドルフィン 2010/11/01 23:53
WR5ってコクピット前にラジエターが付いてるヤツですよね?。昔日東のプラモで作ったなぁ。成績はイマイチでしたが大好きでした。
投稿者 ロロ 2010/11/03 17:53
コクピット前に縦に長くラジエーターを置いた斬新なデザインでした。
あの当時のマシンって個性的で面白かったですね。変わりF1好きなドルフィンにとっていい時代でした。
投稿者 ドルフィン 2010/11/03 23:14
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 11月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]