ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

うそつきフレディー ホンダNS500

スペンサー
 2輪レースに興味を持った頃のチャンピオンはフレディ・スペンサー。“キング”は引退直後だった。そのためか(?)圧倒的強さを誇っていたというイメージがある。
 スペンサーのマシンホンダNS500は実際に見ることは無かったが、当時の全日本では500㏄クラスがあり、そのマシン(木下車、阿部車)は間近で目にした。
 3気筒でチャンバー2本が後方排気。「残る1本ははどこにあるんだろう?」と探したらアームの下にフレームと同化して置かれていたる変わったレイアウトだった。
 「チャンピオンバイク」付属のモデルはこの特徴を忠実に再現している。今見ると重そうに感じる車体だが、この世代を知っている者にとっては味のあるカッコイイマシンだ。
 このシリーズのモデルは値段の割りにチェーンやスプロケットまでキレイに作り込まれているから嬉しい。リヤカウル内のチャンバーまでしっかり有る。
 NSはホンダワークスカラーだが、次のNSRにはロスマンズのスポンサーカラーになっていた。
スペンサー実車
ロスマンズカラーのNSR500フレディー車

 チャンピオン獲得後、ホンダの依頼で全日本のレース(世界GP終了後だったから最終戦かな?)に何年か連続してエントリーしていた。
 「スペンサー参戦!」はレースの大きな話題であり、集客能力を持っていた。―のにかかわらず、彼はケガを理由に1度も予選すら走らなかった。
 レースのTV解説をしていた元世界GP350㏄クラスチャンピオンの片山敬済氏は「バリー・シーンやケニー・ロバーツが築き上げたチャンピオンの威信を汚してますよ! うそつきフレディーですよ!!」と憤慨していたのを今でも覚えている。
 私は運良く(?)練習走行日に彼の走りを見る事ができた。ピットでたたずむフレディーに勇気を出してサインをねだると気軽にサインしてくれ、有頂天になった良い思い出がある。初めて世界チャンピオンにサインをもらったのだ無理も無い。だから私にとってフレディーはやっぱり世界チャンピオンなのだ。
スペンサーサインスペンサー本人
丁寧なスペンサーのサイン
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 21:56 | コメント(2)| トラックバック(1)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

フレディー・スペンサー -NS&NSR500 その4-

そして、ピット前をロバーツが先頭で通過して行きコーナーに消えて行ったときにホンダの人々もヤマハの人々もロバーツの勝利が決まったと思いました。 しかし、一人だけ諦めていない男がいました。そうスペンサーです。

Modelcar beginner's garret -ミニカー初心者の屋根裏部屋- 2006/09/01 00:43
コメント
初めまして。
フレディは、色んなことがありましたが、一世風靡した偉大なチャンピオンであることに異論はありません。

ケニーが引退したのは、遅くなったからではなく、何を言っても対処の遅いヤマハへの苛立ちと(それでもメーカーを変えない義理堅さがケニーにはありました)、息子さんの成長期に傍にいたいというアメリカンなパパ心の為です。

当時の主流はエンジンパワーを優先するロータリーディスクバルブ方式で、始動性が悪く、押し掛けスタート方式では不利でした。
パワーに対抗する為にフレームなども重くなり、そして、タイヤの性能も悪く(当時はラジアルタイヤも無かったんですよ)、ピーキーなエンジンパワーを効率よく伝えることが出来ませんでした。

そこで!
ホンダの考えた戦略が始動性の良いエンジンで先行逃げ切りという戦術。
モトクロッサーのエンジンのようにコンパクトなNS500のエンジンに、パワー不足を補うように軽くて取り回しの良い小型の車体。
ライダーには、スーパーバイクで頭角を現していたスペンサーに白羽の矢が当たったのでした。

なので、ラップタイムに勝るケニーが、フレディに追いつく前に逃げ切られるという展開が1983年のレースでは多く見受けられたのでした。

押し掛けは危険と平忠彦のスタート事故に見受けられるような危険性を訴え続け、エンジンスタートが認められるようになったのはずいぶん後のこと。
当時からエンジンスタートならば、フレディの活躍は無かったかも知れません。。。
投稿者 とっち 2006/09/11 12:49
とっちサン、初めまして。
ロードレースに詳しいですねー。
押し掛けスタートはポールポジションにいる意味あいがあまり無いのでは?-と当時思っていました。
スタートの面白さはありましたが。
この方式のスタートではロケット・ロンも上手かったですね。
投稿者 ドルフィン 2006/09/12 10:35
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2006年 5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]