ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

炎上!ストラトス・ターボ

ストラトスターボ1
手持ちミニカーで「サーキットの狼」(54/最終回) 日光レース編

 風吹裕矢最後のスーパーカー、ランチア・ストラトス・ターボGr.5
 ずんぐりとしたオリジナルの前後を延ばし、それに見合うオーバーフェンダーを備えた事でシャープで“美”を感じさせるレーシングカーになった。
 裕矢機は紅白カラーとボンネットに日の丸に「狼」の文字。これは作者・池沢さとし氏が連載当時、富士ロングディスタンス・レースで星野一義選手と組んで参戦したサニーにも日の丸に「狼」があった事に起因すると考えられる(星野選手もよく組んでくれたものだ)。
ストラトスターボ2
写真奥はCM'Sのストラトス・ターボ、手前が「-狼コレクション」

 京商では数年前に1/43スケールモデルで「サーキットの狼」シリーズをリリースした。
 ドルフィンがミニカーを集め始めた3年くらい前まで、近所の商店街のオモチャ屋さんにはまだストラトス・ターボの在庫があった(数ヵ月後には無くなる)。
 ストラトス・ターボのモデルは欲しいが、裕矢機のカラーリングは垢抜け無くて買う気にはなれなかった
 しかし、今回のサークルKサンクス限定1/64「-狼コレクション」のモデルではなかなかカッコ良く見えるから不思議だ。大きさの違いなのだろうか?

 今回、ディノRSとともに新造形されたストラトス・ターボ。せっかくなのだからもっと細かく作って欲しかった
 ボンネットのエアスリットは印刷。コレ、いつものシリーズだったらスリットを細かく作ってあるハズだ。
 サイドミラーも支柱が無く、ボディにベタ付け。もったいない気がする。
マルボロターボ実車
 上位3名までがヨーロッパF3参戦スカラシップの特典がある日光レース。谷田部のおやっさんからは「支援打ち切り」勧告されている裕矢にとっては是が非でも勝ち取りたいところだった。
 読者も「裕矢は優勝してF3編がスタート」と予想していた。

 ところがゴール直前にグリップを失いクラッシュ。ストラトスと裕矢の夢は炎に包まれたのだった。
 まさか!?の展開。だが、主人公は自力で這い上がるもの。カート体験を経て自費でヨーロッパに渡るのだった。
 F3での活躍が認められ、日本製F1・神風のドライバーに抜擢されるのだった。
 ポルシェF1のワークスドライバーとなった飛鳥ミノル。2人は日本人F1初優勝をかけてマシンを走らせる。

 サーキットの狼よ永遠に―
京商 | 投稿者 ドルフィン 18:27 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
シリーズ、お疲れ様でした。
こうして全体を見ると、本番レースは非力な?ハンドリング・マシン、合間のエピソードは大パワー車と区別していたんですね。
ストラトスはラリーで名を馳せましたが、実車の販売は(日本では)芳しく無かったとか。(何でも新車はかなりの期間、売れ残りが有ったみたいです)
今でもレプリカが生産されているだけに、当時の評価は意外な感じでした。
投稿者 ウエチ~ノ 2009/09/08 14:01
ウエチ~ノさん、労いの言葉ありがとうございます。
当時はそんなに売れていなかったんですか?
日本でレプリカが製作されているので、ストラトスを目にする機会が増えるかも?―なんて思っていたのですが、全く見る事はありません。
レプリカは国内で売れているのでしょうか。
投稿者 ドルフィン 2009/09/08 19:43
おお、シリーズ完結おめでとうございます!
54回も続くとはさすが『サーキットの狼』ですねぇ…。

あとはカミカゼのフォーミュラマシンが出ないかなぁ?
やっぱ無理かな、人気無いしw

さらに人気無い『モデナの剣』はやらないんですか?
投稿者 FZIRO 2009/09/08 22:09
FZIROさん、
『狼Ⅱ モデナの剣』はどうしようか検討中です。
その理由に―
① 連載当時、あまり読んでいなかった。
② バブル期頃のスーパーカーはあまり持っていない
―という事なんですよ。
最近になって漫画喫茶等で読んでいます。
投稿者 ドルフィン 2009/09/09 19:01
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]