ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

日本人F1ドライバーの魂 国さんのタイレル007

手持ちミニカーで'77年F1日本GP③

9位高橋国光:タイレル007/フォード
国さんタイレル1
 メイリツ・レーシングから2年落ちのマシン・タイレル007でF1初参戦した高橋国光選手。
 9位という結果は今のレギュレーションなら日本人初ポイント獲得になった好成績。
 戦闘力が劣るマシンでも粘りの走りで上位に食い込む様は、後の日本人ドライバーが引き継ぐ精神ではないだろうか。
 '76年は由良拓也氏がデザインしたオリジナルカウルを付けたが、この年はオリジナルに戻されている。

 漫画『赤いペガサス』での日本GPでは、タイレルではなくケン・アカバが乗っていたシーズン中での型落ちマシン・SV01改に乗って6位入賞を果たしている。
 これは作者・村上もとか氏の国さんに対する思いやりだろうか?
78ニルソン3
トラブルを抱えたG・ニルソンのロータス78を抜く国さんのタイレル007

 スパークから発売された記憶も新しい1/43モデル。タイレル007は息の長いF1マシンだっただけに、モデルは幾多のカラーバージョンが発売されている。これは国さんのフィギャが乗った日本GP“だけ”に出走したカラーリングだ。
 デザインこそ近年のマシンより単調な作りだが、メカむき出し部分が多いので複雑さはある。

 近年のマシンはレギュレーションでリアの幅が狭められているため、後ろから見ると入門フォーミュラっぽくて格好悪いのだが、この当時のマシンはリアタイヤがブッとく、メカメカしさもあって格好良さはバツグンだ。

国さんサイン
国さんのサイン
 描かれたキャラクターに打ってある「点」は「ここ後で赤で塗っておいてね」との色指定(笑)



にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
スパーク | 投稿者 ドルフィン 21:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

'77F1日本GP出走マシン タイレル007高橋国光車

国さんタイレル5
 1977年F1日本GPは思い出深い観戦レースの一つだ。
 そのレースに出走したマシンのミニカーがまた一台コレクションに加わった。スパーク製1/43タイレル007高橋国光車がそれだ。
タイレル007国さん7
'77日本GPでのタイレル007(単独)
タイレルカウル
タイレル007オリジナルのノーズカウル タミヤ模型本社にて

 '77日本GPは最終コーナー入口のマーシャルカー待機所後ろの金網によじ登って観戦していた。実際にタイレル007を見たのは“真横”からの記憶しか残っていない
 メジャーどころのマシンと違って雑誌の掲載写真は少なかった。全体像を確認できたのはミニカーが最初ではないだろうか。
 意外にスリムだったボディ。側面衝突があったならかなり危険な構造だったのか。
国さんタイレル2
「KE」のロゴもしっかり入っている

 メカがむき出しになっている部分が多い当時のレーシングカー。サスやエンジン部が細かく再現されている。DFVエンジン・カバーの質感はかなりいい感じだ。
 ミニチャンプス等のドライバー・フィギャと違って、スーツの表面に“陰影処理”が成されていて立体感がある。
 カラーリングやスポンサーロゴ等は印刷ではなく、ほとんどデカール処理。リアウイング翼端板のウイング固定穴もDLロゴと一体のデカールになっている。
77日本GP出走マシン
1977年F1日本GP出走マシンがそろってきた
メジャーどころでは残すはタイレルP34だけか?


 ミニカーを集め始めた時に思った'76~'77年日本GP出走マシンの収集にまた一歩近づけた。


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
スパーク | 投稿者 ドルフィン 18:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

F1初完走!国さんのタイレル007-'77年F1日本GP

国さんタイレル1
 日本でF1GP開催2年目の'77年。日本の期待は“主に”国産F1マシン、KE009を駆る星野選手と高原選手に集まっていた。
 その中で高橋国光選手は2年落ちタイレル007/フォードで初めてのF1参戦を迎えた。
 KE勢はトラブルを抱えて沈むも、完熟したタイレル007は日本勢最上位の9位完走を果たした。現在のポイント制度なら日本人初ポイント獲得だったところだ。

 近年は毎年のようにレギュレーション変更があり技術革新も早いため、全チームが開幕戦にニューマシンをそろえてくるが、昔は主力チームの型落ちマシンを購入して参戦するプライベーターも多かった。エコな時代だったのだ。
78ニルソン3
国さんのタイレル007とG・ニルソンのロータス78 '77日本GP

 スパークから国さんのタイレル007が発売されると知り、静岡ホビーショーで現物を見て「これは絶対に入手せねば!」と思っていた。
 しかし、スパークの商品はミニチャンプスより高価である。京商1/64ミニカー・シリーズが連発された状態でどのように予算を組むかが問題だった。
 星野選手のタイレル007 '76年F1in JAPANのモデルは予算に躊躇している間に安売りしているものは完売してしまった経緯があるのでノンビリしていられない。
 ついに奥の手を使う時が来た。ネットショッピング系のポイントで代金の8割を賄う事にしたのだ。
国さんタイレル4
クリアケースにもネームのシールが張られている!

 観戦の思い出が大きい'77年F1日本GPのマシン・モデルである。しかも国さんのドライバーフィギャが付いている
 スパークのミニカーは初めて購入したが、外箱はしっかりしているのに驚いた。さらにはミニカーを納めるクリアケースにもネームのシールが張られているのだ。かなり高級感がある
 台座の向かって右側にはマシン名。左側にはドライバー名が入っているところも嬉しい。
国さんタイレル3
'70年代F1マシンの雰囲気プンプン

 ここまで来たらスパークには長谷見選手のKE007、星野&高原選手のKE009、K・ロズベルグ選手がテストしたKE009改をリリースして欲しいものだ。


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
スパーク | 投稿者 ドルフィン 21:25 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]