ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

大きいだけあって再現力が細かいixo1/43 '98型 ニッサンR390

R390
 京商1/64ミニカーにラインナップされた'98年型ニッサンR390
 星野一義選手がドライブしたニッサン車でル・マン最高の3位に入賞。星野選手のメモリアルマシンの一台なので、既にixoの1/43モデルを持っていた。

 大きなスケールだけあって細部も細かい。特にルーフに貼られたル・マンの車検証まで再現してあるのには驚いた。
 近年、ニッサンのイベントで走るR390にはこの車検証は残されているのだろうか?

 また、左右のホイールを分けるセンターナットの色分けもできている。もちろん、ボディのグラデーション・カラーも綺麗である。臨場感のあるモデルだ。
R390-2
ルーフにル・マンの車検証まで再現 

 ニッサンのイベントには行ったことがないし、もちろんル・マン観戦にも行っていないのでR390が走る姿は見た事が無い。 
 唯一、展示してあるR390を見たのは鈴鹿1000㌔レースの時だった。展示ではなく鈴鹿1000㌔レースでメルセデスやポルシェと対決して欲しかった
R390実
レースでの汚れのそのままだった


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
ixo | 投稿者 ドルフィン 22:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

ル・マン優勝を掲げた ニッサンR390GT1

R390-1
 「市販車をベースにしたGTカー」-というルールを逆手に取って、超高性能市販モデルを1~2台だけ作ってクリアした"反則ギリギリ"のGT1カー。中身は純粋なレーシングカーである。
 その乱立時代に登場したニッサンR390GT1。心臓はニッサン製だがボディはトム・ウォーキンショー・レーシング製のハーフである。
 それでも「ニッサンのマシン」を名乗り、メルセデス、ポルシェ、マクラーレンを打ち破り「ル・マン優勝」を果たすべく'97年から参戦を開始した。
R390-2
 ixoの1/43モデルは'98年に3位(最高位)に入った星野一義/鈴木亜久里/影山正彦組のNo32号車
 星野選手がル・マンで最高成績を残したマシンとしてコレクションに加えたのだ。
 グラデーションがかかったブルーのチェックをはじめ、ル・マンの者検証までもが綺麗に表現されている。
 コクピットやエンジンも着色されているのが嬉しい。
 モデルを改めて見るとGTカーではなく、ほとんどGr.Cカーのようである。
R390実
 実車はル・マン以外の公式レースに走行していないので、日本ではニッサン系イベントのみ走行が見られる。
 ドルフィンは展示車しか見た事がない。


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
ixo | 投稿者 ドルフィン 20:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

遥かなる夢 ニッサンR990

R390
 「ル・マン優勝」を必とし、日産/NISMOが全身全霊をかけたマシン・ニッサンR390。その絶対なる目標を達成する事無く「ル・マン3位」で終わってしまった
 遥かなる夢の遠さとル・マンの難しさを知らしめてくれた

 価格は1億円とも2億円とも言われる“市販車”を1台だけ製造し、ホモロゲーションをクリアするのが“当たり前”になっていたキワモノGTカー時代に誕生したR390。
 ル・マンのために生まれ終わった悲しい車でもある。展示やデモ走行で余生を送るだけしかないのだから。
R390-2

 ixo(イクソ)の1/43モデルはル・マン3位に入った星野一義/鈴木亜久里/影山正彦組のNo32号車。
 絶版モデルでたまに通販で見かけるが、今回はオークションで入手した。星野コレクションに加えたかった。

 ブルーのグラデーションもさることながら、車検合格のシールまで忠実に再現している。ウィンドウ越しに見えるコックピットやエンジンの作り込みも細かい。
 全体をぐるりと見回すと、本当に綺麗なボディ形状をしているのが分かる。ホレボレするラインだ。

R390実

 展示車両を見たが、ボディの美しいグラデーションデザインは“塗装”ではなく“シール”だった。
 近くで見るとオフセット印刷の網目が分かる。印刷技術もさることながら、凹凸のあるボディ形状に貼り付ける技術も素晴らしいものだ。
ixo | 投稿者 ドルフィン 19:21 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2011年 2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]