ミニカーのビギナ~ おまけ付き ミニカー集めのビギナー「ドルフィン」のコラムです。スーパーカー世代で、'76年F1inJAPANから'99年までレースを見てきました。パッタリとレースに興味を持たなくなった反動でしょうか、急にスーパーカーやレースカーのモデルカー集めが好きになりました。モデルを入手の“思い入れ”や経緯などを徒然なるままに書いています。モデルカーと実車の写真があれば一緒に掲載しています。 ★日々見つけた“小ネタ”の「おまけ」がたまに付きます。 ★データ等は記憶によるものが多いので、間違っていたら“優しく”ご指摘・訂正してくださいネ。

 ブログリンク

ETC、ドライブなどの話題のブログ
[高速道路で快適ドライブ必勝だ]

ロムウェブショップへ





最近の記事
ブログサイトを引っ越…
02/21 11:56
写真の扁平ではない …
02/20 23:21
インプレッサWRX …
02/19 22:29
お金持ち車マセラッテ…
02/18 20:49
「ガイアの夜明け」を…
02/18 17:22
艶消しガン塗装が魅力…
02/17 22:04
奇抜なデザインだった…
02/16 23:19
オートメッセ 気にな…
02/15 21:18
大阪オートメッセ 痛…
02/14 19:50
B-1グランプリ2位…
02/14 09:46
オートメッセはギンギ…
02/13 22:04
大阪オートメッセ ト…
02/12 22:01
あしたはどっちだ?
02/11 23:27
京商「ランボ」お気に…
02/10 22:14
京商「ランボ」お気に…
02/09 22:28
星野一義コレクション…
02/08 21:18
星野一義コレクション…
02/07 19:20
星野一義コレクション…
02/06 21:49
ワルな顔立ちになって…
02/05 23:11
星野モデルで復活 ラ…
02/04 21:41

漫画的未来型バイク ELF-3 HONDA

 漫画『ふたり鷹』で沢渡鷹が初めて鈴鹿4耐に参加した年、メイン・レースの鈴鹿8耐に衝撃マシンが搭乗した。ノンフレーム、前後片持ちサス、ハブステア、底置きタンク…数々の新機軸を搭載したelf-eだ。
 てっきり架空の劇中車とばかり思っていたら、本当に存在し'83年の8耐に出走していた。
 この漫画的未来型バイクが大好きになった。
elf3-1

バイク・モデル お気に入りBEST ELF-3 HONDA

 ELF-3は'86年にWGP(ロードレース世界選手権)500CCクラスに参戦した「e」の発展型レーサーだ。
 HONDA NSR500のエンジンを心臓に持ち、洗練された前後アーム機構。カウリング・スタイルは一般的ロードレーサーに近くなった。
 当時、押しがけスタートだったWGPで「ロケット・ロン」のニックネームを持つロン・ハスラム選手がドライブした。
 日本の鈴鹿でWGPが初開催される前年、富士スピードウェイで短髪開催されたイベント「富士スーパースプリント'86」でその雄姿を目撃した。
elf3-2
富士スーパースプリント'86でのロン・ハスラム選手とelf3

 ELFのレーサー・シリーズはモデル化されていないのではないだろうか? 全く見た事が無い。
 それだけに「チャンピオンバイク」が刊行された時、発売予定のバイクの中にELF-3があるのを発見した時には嬉しかった。そして発売が待ち遠しかった。

 片持ちサスとホイールの銀塗装があまりにもピカピカ過ぎるのが気になるが、遠目でしか見られなかった実車を、モデルとして改めて見る事ができた。
 カッコイイ、カッコ良過ぎのレーサーである
elf3-3
前後片持ちサスがカッコイイ!

 現在ではツインリンクもてぎのホンダコレクションホールに実車が展示されているらしい。ドルフィンが昔行った時には無かったか気付かなかったか…。残念!


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

○スマンズのイメージ ガードナーNSR500

ガードナー1
 ○スマンズ・カラーというと、二輪のホンダNSR500かGr.Cカーのポルシェ956を思い浮かべる。
 F1ウイリアムズは「そう言えば○スマンズ時代は強かったな」と後から思い出す程度だ。
 
 二輪のホンダ・ワークスは○スマンズ・カラーだったが、ドルフィンとしてはF・スペンサー選手よりワイン・ガードナー選手のイメージだ。
 先のミニカー付き缶コーヒーの「最速バイクコレクション」で、ガードナー選手のバイクが無かったのは残念だった。
 全日本時代、ヤマハの選手との激闘や、鈴鹿8耐の優勝記録等。日本には馴染み深い。
ガードナー2
ガードナー選手とNSR500
後ろは全日本ホンダ・ワークスの木下選手


 日本での人気の高さを裏付けるように「チャンピオンバイク・コレクション」でのガードナーNSRは、書店からすぐに無くなった。

 二輪を引退した後、全日本GT選手権にも参戦したが、こちらは半ば“レジャー”的な感じがした。二輪時代のようにガツガツと燃えるものが感じられなかった。
 若い彼の走りは“ビデオ”で堪能する事にしよう。


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 20:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

「キング」と呼ばれた男・ケニー・ロバーツ ヤマハYZR500

ケニーYZR500
 四輪より遅れて興味を持った二輪レース。その頃には最高峰クラスで「キング」と呼ばれたケニー・ロバーツは引退していた。
 彼の愛機がヤマハYZR500。'79年のロードレーサーだ。

 「チャンピオンバイク」でモデル化。イエロー&ブラックのボディが目を引く。ゼッケンNo1がキングにふさわしい。
 今見ると単調なカウリングのように見えるが、当時は最新最強のレーサー(レーシング・バイク)だった。
 「リアサスの可動」がウリだった同シリーズのモデルだが、壊れやしないかと怖くてTVCMのように指で押してキコキコできない

 シリーズが完結してしまった「チャンピオンバイク」だが、大半が近年のスーパーバイクだったのが残念。
 『バリバリ伝説』や『ふたり鷹』『あいつとララバイ』の影響(?)で沸いたバイクブームだった'80年代のGP(250&125含む)や鈴鹿8耐のマシンをもっとモデル化して欲しかった
ヤマハNo21-2
'85年鈴鹿8耐で復帰したケニー・ロバーツ/ヤマハYZF750

 鈴鹿8耐でスポンサーに付けた男性化粧品TECH21もそうだが、日本で馴染みが薄かったラッキー○トライクを若者に広めたのもケニーだった。
 後にケニーがチーム監督になってからもラッキー○トライクはスポンサードを継続していた。

 TECH21ヤマハYZF750もモデル化して欲しかったレーサーだ。
ケニーロバーツ本人
チーム監督になった時のケニー。ヤマハフェスティバル名古屋で

 8耐の時でもヤマハフェスティバルでもケニーにはサインを断られっぱなしだった…。


にほんブログ村 コレクションブログへ

にほんブログ村
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

アントキのビギナ~ チャンピオンバイク

チャンピオンバイク
 ミニカーを集めはじめた頃は「好きな車だけ」と思っていたのが、いつの間にか“シークレットBOXモノ”が発売されると“つい”手を出してしまうようになっていた。
 “入手する事で満足感を得る”ようになってしまっていた
 初心にかえってシリーズ最初の1台を手にした時の感動を思い起こしたい。題して『アントキのビギナ~』。

 トミカシェブロンに端を発したミニカーコレクションだが、意識的に集め始めたのは「隔週刊チャンピオンバイク」の刊行から。

 ドルフィンは元々はバイク嫌いだった。子供の頃、裏の家がバイク暴走族の溜まり場で五月蝿かったり、FISCO廃止問題(四輪暴走族)があったからだ。
 偶然TVで見た雨の全日本ロードレースが面白かったり、映画『汚れた英雄』の影響があり「レースはOK」と徐々に雪解けしていったのだった。
 足代わりに借りた友人の50ccバイクで開眼した。「バイクというモノがこんなに面白いとは!」―と。あの感動は今も忘れない。
 そして漫画『ふたり鷹』『バリバリ伝説』による鈴鹿8耐ブーム。二輪世界選手権の戦国時代―。

 当時の興奮を蘇らせてくれたのが「チャンピオンバイク」だった。
 '80年代のマシンだけを集めるつもりだったので創刊号はパス。しかし衝撃的な加藤大治郎選手のホンダRC211Vを外す事はできず、このマシンがシリーズ最初の入手となった。

 「チャンピオンバイク」で最後に入手したのがノリックのヤマハYZR500だった…。
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 18:29 | コメント(2)| トラックバック(0)

青い炎と赤い炎 YZR500

ローソンYZR500
 2輪のエディー・ローソンはF1のニキ・ラウダと似ている。堅実な走りと緻密なポイント計算でチャンピオンシップを戦うところがだ。
 しかし、ラウダほど熱いものをローソンからは感じないラウダが真っ赤に燃える炎だとすればローソンは青白い炎のようだ(青白い方が高温なのだが、この際は“たとえ”で)。
 シュワンツのような“一か八か”的な走りは絶対にしないところが淡白に感じるのだろうか。

 '90年の鈴鹿8耐に参戦、優勝をかっさらうところは見事としか言いようがない。選手の積年の目標達成に貢献した。
 この時ばかりは青いマシンに真っ赤な炎が灯った

 チャンピオンバイクのモデルはW・レイニーのYZR500が、今回、ローソンをテーマとして使用。
 マールボ○のチャンピオン獲得記念ステッカーとショウエイのステッカーとともに。
 チャンピオンバイクではローソンモデルが出なかったのが残念。GP500では3メーカーで走っているのに。
ローソン実車
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:29 | コメント(5)| トラックバック(0)

韋駄天ガードナー NSR500

ガードナー
 W・ガードナーは日本では人気の高いGPライダーだろう。モリワキから日本デビューを果たし、全日本での活躍が認められてホンダ・ワークス入り。WGP500ccクラスに参戦した“日本育ち”のライダーだからだろう。
 ヤマハの選手と毎戦デッドヒートを繰り広げた全日本500ccは面白かった。
 印象に残っているのは平選手が“やっと”一矢報いた最終戦・菅生。負けレースが一番脳裏に焼きついているとはヘンな話なのだが。

 鈴鹿8耐も通産4勝を挙げていて、そこでも日本に馴染みが深い。特に初優勝時は、ペアの徳野選手が日本人として8耐初優勝だっただけにインパクトが強い。

 ガードナーと言えば○スマンズ・ホンダNSR500。鈴鹿でも○スマンズRVF750を駆っていた事もあるので、イメージがダブる。

 チャンピオンバイクのモデルと合わせたのは○スマンズ、ショウエイ、鈴鹿8耐でもらったレイバン・サングラスのガードナーモデルのステッカー。

ガードナー実車
'86富士スーパースプリントでのガードナー/NSR500

 過去2年、鈴鹿8耐に合わせてリリースされてきたサークルKサンクス限定、京商「鈴鹿8耐バイクシリーズ」だが、歴代8耐名バイク編も出して欲しいものだ。
 優勝マシンに限定せずモリワキelf-e童夢といった個性的なバイクもモデル化して欲しいと願う。

ガードナーサイン
JGTC参戦時に頂いたサイン
 
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:43 | コメント(2)| トラックバック(0)

シュワちゃんの「34」 スズキRGV-Γ&GSX-R

スズキ34
 “シュワちゃん”と言っても未来から来たロボットでも、州知事でもない。500cc世界チャンピオン、ケビン・シュワンツだ。
 スズキRGV-Γ500に乗っているときにゼッケン「34」を付けていた。チャンピオンになってからもゼッケン「1」の下に小さく「34」を入れていたほど。
 優勝かリタイアか―攻め込むライディングは観る者を魅了した。きっと彼を嫌っている観客はいなかったのではないだろうか?

 コーヒー付きミニカー「名門ヨシムラ炎の復活」で鈴鹿8耐優勝のヨシムラGSX-R1000を見た時、ゼッケンが「34」だったと気付いた。
 ヨシムラのエースナンバーは「12」ではなかったかな? 
 スズキのバイクでゼッケン「34」を付けたのは意味があったのだろうか? 

シュワンツ実車
ヨシムラ3
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 18:03 | コメント(6)| トラックバック(1)

早いゼ! ノリック!!

ノリック
 カッ飛び過ぎだゼ、ノリック。早い、あまりにも早く天国に走って行ってしまった…。

 出勤前、朝のニュースでノリック=阿部典史氏が公道事故で亡くなった事を知った。信じられない。「まさか!?」と耳を疑い、確かめようとTVをザッピングして報じている局を探したほどだ。

 華が有りスター性のあるライダーだった。今年の鈴鹿8耐にも参戦し、ファンに顕在をアピールしたのに。 

ノリック8耐

 オートバイ世界選手権日本GPGP500クラスのデビュー戦やノリックが逆転優勝した時の興奮は今でも忘れない。そしてこれからも―。
 さらばノリック…。

ノリックサインノリック本人
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 20:27 | コメント(2)| トラックバック(0)

マンガ的バイク elf3

elf3-1
 「未来のバイクはこうなる」―マンガ『―鷹』の劇中で東条鷹がそう語っていたのだが…。
 
 タイヤを挟む2本のフォークとスイングアームは昔から変わらぬオートバイの形。その形を変えたのがelfマシンの数々。先出の台詞は初代elf-eを語ったもの。エンジンブロックから伸びた片持ちフォークとアーム。タンクをエンジン下に置いて低重心化した設計は今見ても斬新。
 そんなバイクが展示車ではなく実際にサーキットで戦うのだから凄い。マンガに登場するようなバイクが実際に走るのである。写真を見ては「この目で見てみたい」と胸をときめかせた。elf-eは鈴鹿8耐も出走したが、この年は鈴鹿8耐に行けなかった。今でも残念に思う。以降のelf-2からはWGP最高クラスのGP500クラスに参戦。

elf3-2
 日本でWGPが開催された当時は開幕戦になる事が多く、elfは新車が間に合わず、ホンダNSRを使用していた。そのため日本GPにelfのマシンが走る事無くelfプロジェクトは終了した。
 しかし、唯一、日本でレースを走ったマシンがある。elf-3だ。日本GP開催前年の'86年。バブル景気に沸く日本はGP500と250の主な選手を招いた「スーパースプリント'86」を富士スピードウェイで開催した。出場選手の豪華さとelf-3見たさもあり、観戦に出かけた。WGPと全日本のライダーが競うイベントは面白かった。

 チャンピオンバイクは創刊予告の段階からelf-3のモデル写真を掲載していた。「いつ出るのか?」と待ちわびていたが、引っ張るだけ引っ張って「もう企画倒れ?」と思っていた頃に登場した。
 ホイールやアームのシルバーがキツイのが気になるが、elf-3のモデル化は初めてではないだろうか? それだけに嬉しい。
 2本で片持ちのフォークの構造や、ホンダRVF→市販VFRへと受け継がれるリアのプロアーム。写真と違って構造をマジマジと眺められるのがいい。展示する時は後ろに鏡を置かないとelf-3の魅力は半減してしまうかもしれない。
 モータースポーツを幅広く支えているelfのシンプルなスポンサーカラーもカッコイイのだ。

 現在(当時からしたら未来)のバイクは東条鷹が語ったような形にはなっていない。安全上の理由かもしれないが、一部の市販バイクに類似構造があるのみ。レースの世界だけでもいい。またこのようなマンガ的バイクが登場して欲しいと願う。

elf3-実車
スーパースプリントのelf-3&ロケット・ロン
実車はコンパクトに感じた。スタンドからは反対側を見られない。ヘアピンまで行かないと…
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:03 | コメント(2)| トラックバック(1)

スマートなライダー レイニーYZR500

レイニー
 ガードナーシュワンツ、そしてローソンと2輪世界選手権でチャンプ争いを繰り広げたライダー、ウェイン・レイニー当時の個人的見解では映画『スーパーマン』のクリストファーリーヴ氏に似てるなーと思っていた。モデルのようなルックスとは対照的な攻め込むような走り。―そのギャップがカッコ良かった
 事故で再起不能、車椅子生活になったと雑誌等で知った時はショックだった。しかし、チーム・レイニーの監督としてサーキットにカムバックしてくれたのは喜ばしい事だ。
 さらにWGPにデビューしたノリックを指導するレイニー監督の姿も印象的。

 チャンピオンバイクの1台、レイニーのヤマハYZR500.昔からある赤白のタバコカラーが良く似合う。タバコ広告禁止国仕様になっているが、縦ラインが微妙にタバコ名のロゴっぽく見えるようにしているところがニクイ。
 市販車にも取り入れらるほど特徴的な後方2本出しのチャンバー。チャンピオンバイクだけでなく、京商の8耐シリーズにも言える事だが、チャンバーの筒が空洞になっておらず、型の接合がモロ見えになってしまっている所が悲しい。価格を考えれば仕方ないのだが。もっと高価な同サイズの市販ディスプレイモデルではどうなっているのだろう?
レイニー実車
 チャンピオンバイクシリーズで当時のチャンピオンとしてはエディ・ローソンだけがモデル化されていないのだが、何故だろう? 
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

ノるか?ソるか?栄光の「34」 RGVγ500

シュワンツ
 優勝か転倒か!? こんなマンガのようにドラマチックでタイガーなライダーがいた。ケビン・シュワンツ。ギンギンに攻め込むライディグは観客を魅了した。
 安定して早いE・ローソンは早くにタイトルを獲ったが、シュワンツは勝ち星の割りに総合ポイントが稼げなかった。怪我も多かったが、それでもファイト溢れる走りは、メーカー別ファンの壁を乗り越えてロードレースのファン全体に愛されていたと思っている。

 さらにシュワンツは若き日に鈴鹿8時間耐久レースも走っていて、85年には3位に入っている。
 ヨシムラからベテランのG・クロスビーの相棒として初出走した時、プログラムや選手紹介を見ても「誰?このライダー??」-って感じだった。よもや彼がWGPで大活躍するとは思いもせず。
シュワンツ本人
鈴鹿8耐でのシュワンツ

 シュワンツがタイトルを獲ってくれた時は嬉しかったな。正に「ようやく!」という言葉がふさわしい、待望のチャンプだ。
翌年は栄光のゼッケン「1」の下に小さく「34」を残していたのも、彼の走る魂の表れだったのだろう。

 チャンピオンバイクからリリースされたシュワンツのスズキRGVγ500。白赤のタバコカラーが良く似合っていた。独特形状のリアアームやチャンバー…。彼の熱い走りを思い出させてくれる。
シュワンツ実車
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 10:23 | コメント(3)| トラックバック(0)

ノリック鈴鹿優勝の衝撃 ヤマハYZR500

ノリック
 GP500阿部典史=ノリックが鈴鹿で逆転優勝した時の興奮は今でも忘れない。2輪ロードレース最高峰クラスで日本人が地元優勝したのだから。チャンピオン経験ライダーとの激しいバトルの末、シケインでトップを奪ってチェッカーを受けるノリック。TV観戦ながら眼前で繰り広げられているかのように見入っていた。
 ノリックは後に加入するチーム・レイニーのタバコカラーの印象が強い。しかし、チャンピオンバイクでのリリースはチーム・ロバーツでのカラーになっている。
 近代マシンに近い流線型カウリングと、二本並んだチャンバーがヤマハYZR500の魅力だと思う。そのため、チャンバーが見えるように逆向きから写真を撮ってみた。
 最高クラスでのチャンピオンは獲れなかったが「日本人でもやれる!」ということを知らしめてくれたのはノリックだ。
ノリックサインノリック本人
Fニッポンのテスト日に高木虎之助選手の陣中見舞いに訪れた時のノリック
私服ながらその風貌とオーラからすぐにノリックと分かり、人が集まる前に速攻でサインをもらいに走った(笑)
なんとなく雰囲気が似ているトラとノリック

チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 12:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

キングの伝説/ケニー・ロバーツ YZR500

ケニーロバーツ
 バイクで峠を攻める時、ハングオンしてコーナーギリギリ詰めて走ると気持ちいいよね(オートバイは安全に楽しく乗りましょう!)。でも、数十年前までオートバイって体とマシンが一緒に倒し込む走り方だったらしい。このハングオンを始めたのがケニー・ロバーツだと聞いたことがある(本当?)。
 私が2輪モータースポーツに興味を持った前年にケニーは引退していた。昇り龍だったフレディ・スペンサーを下して勝ち得たチャンピオンのキング伝説は写真やビデオでしか見たことがない。―GPレースでは。
 鈴鹿8時間耐久レースに復帰した2戦はこの目にしっかりと焼きついている。とてもブランクがあるライダーとは思えぬ鋭いコーナーワーク。まさに「シビレル!」の一言に尽きる

 チャンピオンバイクの1台、ケニー・ロバーツ選手のヤマハYZR500。今のMotoGPマシンに比べると軽量500㏄マシンなのに重たく見えてしまう。対してスポークやサス、タイヤは細いので、太い体に細い手足のジャイアント馬場さんのようだ(細いっても一般人よりも太いのだろうが)。それでも当時は世界最先端のマシンだったはず。数十年の技術革新を感じる。
 ケニーのマシンというだけで凄みすら覚えてしまう、イエローとブラックのカラーリング。風防からエンジン部へ伸びるカウルなど“昔のマシン”という雰囲気。角張ったラインのボディエンド。―そこには自分が知らないヒーローへの憧れがある。
ケニーロバーツ本人
チーム監督になった時のケニー。ヤマハフェスティバルで
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 21:26 | コメント(0)| トラックバック(1)

うそつきフレディー ホンダNS500

スペンサー
 2輪レースに興味を持った頃のチャンピオンはフレディ・スペンサー。“キング”は引退直後だった。そのためか(?)圧倒的強さを誇っていたというイメージがある。
 スペンサーのマシンホンダNS500は実際に見ることは無かったが、当時の全日本では500㏄クラスがあり、そのマシン(木下車、阿部車)は間近で目にした。
 3気筒でチャンバー2本が後方排気。「残る1本ははどこにあるんだろう?」と探したらアームの下にフレームと同化して置かれていたる変わったレイアウトだった。
 「チャンピオンバイク」付属のモデルはこの特徴を忠実に再現している。今見ると重そうに感じる車体だが、この世代を知っている者にとっては味のあるカッコイイマシンだ。
 このシリーズのモデルは値段の割りにチェーンやスプロケットまでキレイに作り込まれているから嬉しい。リヤカウル内のチャンバーまでしっかり有る。
 NSはホンダワークスカラーだが、次のNSRにはロスマンズのスポンサーカラーになっていた。
スペンサー実車
ロスマンズカラーのNSR500フレディー車

 チャンピオン獲得後、ホンダの依頼で全日本のレース(世界GP終了後だったから最終戦かな?)に何年か連続してエントリーしていた。
 「スペンサー参戦!」はレースの大きな話題であり、集客能力を持っていた。―のにかかわらず、彼はケガを理由に1度も予選すら走らなかった。
 レースのTV解説をしていた元世界GP350㏄クラスチャンピオンの片山敬済氏は「バリー・シーンやケニー・ロバーツが築き上げたチャンピオンの威信を汚してますよ! うそつきフレディーですよ!!」と憤慨していたのを今でも覚えている。
 私は運良く(?)練習走行日に彼の走りを見る事ができた。ピットでたたずむフレディーに勇気を出してサインをねだると気軽にサインしてくれ、有頂天になった良い思い出がある。初めて世界チャンピオンにサインをもらったのだ無理も無い。だから私にとってフレディーはやっぱり世界チャンピオンなのだ。
スペンサーサインスペンサー本人
丁寧なスペンサーのサイン
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 21:56 | コメント(2)| トラックバック(1)

日本育ちのチャンピオン W・ガードナー/NSR500

ガードナーNSR500
 モリワキレーシングに呼ばれて日本にやって来たオーストラリア人ライダーは、当時最高クラスの500㏄とTTF1を席巻した。500㏄チャンピオン、ヤマハの平忠彦と各サーキットでの激しいバトルは注目の的。日本の2輪レースファンはワイン・ガードナーの名を胸に刻む事なる。
 負け続けた平が最終戦でようやくガードナーに勝利した時は、かなりの興奮を覚えた。それほど巨大な存在になっていた。
 当然のように世界GPの500㏄クラスにフル参戦。鈴鹿8時間耐久レースにも出場した。
 '85年に徳野選手とのコンビで鈴鹿8耐初制覇。以後、連覇を含めて4勝の8耐マイスターとなる。
 GPは'87年にチャンピオンを奪取。これだけ日本に馴染みのあるライダーである。王座に着いた時はまるで日本人がチャンプになったように日本のファンは喜んだ(と、思っている)。
ガードナー実車
富士スーパースプリントで
 ガードナーのホンダNSR500は4気筒でロスマンズカラーが印象的。市販バイクのNSRもロスマンズカラーが最人気だった。
 「チャンピオンバイク」でガードナーが発売されると知って書店に行ったが、既に完売。結局取り寄せとなり入手に時間がかかった。しかし、未だにガードナーを好きでいるファンが多いという事実に嬉しく思ったのだった。
ガードナー本人
左:8耐参戦時 右:JGTC参戦時太って少し額も…
 2輪引退後は母国で4輪レースに参戦。その後、日本のGT選手権にも参戦した。NSRからトヨタスープラに乗り替えてもガードナーファンは多かった。
 '00年以降のMotoGPマシンばかりになってしまった最近の「チャンピオンバイク」だが、是非8耐マシンや'80~'90年代マシンをもっと出して欲しいものである。350㏄クラスチャンプ片山敬済のマシンもね。
ガードナーサイン
JGTCの時にもらったサイン

チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 19:36 | コメント(0)| トラックバック(1)

見た事は無くとも夢を託したRC211V

 加藤RC211V
コレクションしているバイクモデルのほとんどは「隔週刊チャンピオンバイク」のものです。全車種そろえるのではなく、自分が夢中になった'80年代のマシンだけを集める予定でした。
 しかし、第2号付属の加藤大治郎選手/ホンダRC211Vだけは別です。加藤選手がMotoGPで活躍した頃には私はもうレースを見に行っていなかったので、普通なら手元に置くことの無いマシンです。
 サーキットには行かずともTVや雑誌等で加藤選手が二輪最高クラスMotoGPでチャンピオンを狙えるライダーだと報じられていたので、楽しみにていました。
 優勝が期待された'03年日本GPのTV放送を見ました。MotoGPクラスで加藤選手が転倒事故を起こし、心臓が止まる思いでした。入院しても、きっとシーズン中には復帰してくれるだろうと願っていました。
 十数日後に帰らぬ人となった事を報じる新聞を読んだときには「えッ!?」という信じられぬ驚きでした。
 かつて片山が、平が成し得なかった最高クラスでの日本人世界チャンピオン。加藤選手にその夢を託していました。
 加藤選手のホンダRC211Vは実際に目にしていないのですが、手元に置いておきたい1台なのです。
チャンピオンバイク | 投稿者 ドルフィン 20:03 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
予約受付中!<br>
エブロ1/43<br>
ウイダー HSV010 スーパーGT500<br>
2010 チャンピオン #18
予約受付中!エブロ(ebbro)1/43ウイダー HSV010 スーパーGT500 2010 チャンピオン #18

予約【スパークモデル】(1/43)小林 可夢偉 BMW ザウバー C29 20010年日本GP 7位 #23 (SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029
予約【スパークモデル】(1/43)
小林 可夢偉 BMW ザウバー C29
20010年日本GP 7位 #23
(SJ001) SPARK『11年2月-3月予定』101029

ホビダス[趣味の総合サイト]